2007年05月25日

雨です。

今日の福岡は雨です。昨夜から降りだし今も降ってます。
風もあまりなくて、蒸し暑い雨です。でも早朝に比べたらだいぶ小降りになってきました。
天気予報によると、午後から晴れてくるようです。
数日前、九州の南に「台」の字があったのが、ちょっと怖かったです(笑)

福岡は入梅したのかと思ったら、まだでした。沖縄はしているようですが。気象庁の入梅の情報を見てると、年々入りも明けもだいたいの場所で遅くなってきているんですね。

大阪では梅雨の時期に「かたつむり」を見ることはありませんでしたが、こっちならたくさん見ることができそうです。
大きいのはイヤだけど、小さいのは可愛いです。

近所に古い公園や空き地が多いので、今度かたつむり探検にでも行ってみようと思います :)
# ...ちなみに住んでるところは区内なんですが「福岡のチベット」と呼ばれてるらしいです(笑)「チベット」というよりも「巣鴨」といった方が合ってるような気がします。

IMGP0788.JPG

2007年05月17日

博多どんたく

GWは「博多どんたく」に行ってきました。



博多どんたく...とても大きなお祭りだという事しか知りませんでした。
ずっと神社仏閣系のお祭りかと思っていたのですが、市民(でない人も)参加型のお祭りでした。

元は820年余前の「博多松囃子」。その後昭和37年に市民総参加型の今の形になったそうです。
歴史あるお祭りだったのですね。

 → 福岡市民の祭り「博多どんたく港まつり」

5月3.4日の二日間、192団体(14000人)が参加しパレードをしたそうです。

私が見に行ったのは最後日。
街中のあちこちに舞台が設けられており、踊りや歌などが披露されていました。メインの通りは通行止めになり、約90の団体が吹奏楽、ダンス、踊りに盛り上がりました。


最終日だけあって、すごい人でした。


アビスパ福岡の選手も参加です(前日の試合で勝ったらしくてファンの方大喜びしてました)


犬も参加です :D

小さな子供からお年寄りまで、沖縄をはじめ東北やタイその他アジアから来られたグループ、そして自衛隊、大学生、企業のグループなど本当に趣向を凝らしたパレードでした。

知人によると、このどんたくの為に日々練習を重ねているとか。
さすがです :)


電飾された車。花自動車隊という名前です。

暗くなるとこんな感じです。


この2日間の人出がなんと210万人だったそうです。

 → 博多どんたくに210万人 連休人出、警察庁まとめ


あの盛り上がりや活気を見て、福岡はただの地方都市ではない?と実感した一日でした。


今日の福岡の空。晴れていますが、風が強いので少し肌寒いです。
雲の流れが早いです。

posted by GOMA at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

福岡生活一ヵ月半

福岡に来てあっと言う間に一ヶ月半たちました。

届出の書類に追われ、たくさんの解約・契約をし、ばたばたと月日が流れて行きました。


こちらに来る前「福岡はいい所だよー」というのをたくさん聞きました。悪く言う人がいなかったような気も。
確かに環境的にも悪くありません。近くに山あり海ありだし...いい所なんだけど...正直、逆に面白味が...
あー、贅沢ですか?

例えば、「あの人いい人なんだけどねー、つきあうにはちょっと...」みたいな感じでしょうか。

大阪は悪いところもあったけど、いいところもあったわけで。
本来大阪へ戻る人間ではありませんが「戻りたいなぁ〜」と何度思ったことか。今も思ってます。
ホームシックならぬ「大阪シック」

クラを入れると「大阪クラシック」...
...
..
.
んー。やっぱり戻りたいなぁ。

まぁ、引越しって恋愛にも似てるような気がします。


で、他の感想をいくつか。

福岡は雨が多いです。あ..風も。(噂では台風も多いらしいですよ?)
風は海が近いから仕方ないのでしょうか。大陸からの風をダイレクトに受けてるかと思うとちょっと「ゾッ」とします。
先週、北九州市で光化学スモッグが何日か発生したのですが...怖いです
ねぇ。
9時の月をなかなか見ることができません。

バスが多いです。
駅前のロータリーでも何でもない、普通の道でもバスが連なってます。
バス社会と言っても過言ではないですね。

食文化が違います。
前日納豆を食べたのですが、からしのない事に気づきおまけに妙に甘くてもしかして不良品?と思って、後日同僚にその話をしたら、こちらの納豆には元からからしはついてなくてタレが甘いのだそうです。
外食をも含め初めてわかったのですが、こちらは全体的に味付けが甘めなのです。スーパーでも普通に「あまくち醤油」なるものが売られています。
だしも昆布や鰹でなく「あご」という魚のだしもあり、和食の味が今までとは微妙に違ってきています。味噌もほとんどが麦味噌。味噌汁も甘いです(笑)

野菜が美味しいです。本来の野菜の味です。トマトの皮の厚いこと...。筍も絶品。これだけ適度に雨がふれば育ちやすくもなるのかもしれません。

そうそう。先日近所の定食屋さんで「焼きそば」を頼んだらソースのあの焼きそばではなく「皿うどん(ぱりぱりの麺にあんかけがのってるー堅焼きそば)」が出てきてびっくりしました。

ラーメンは豚骨。美味しいけど、さすがに毎回は辛いです..美味しい「しょうゆラーメン」のおいてあるお店を探そうと意気込んでるのですが、「絶対ないとよ?」と言われ意気消沈気味です。

言葉の違いもなかなか愉快です。
語尾の多くに「〜と?」や「〜けん(けんねー)」がついてます。「今日、〜するの?」が「今日、〜しよると?(しよっと?)」
一番え?と思ったのが「〜っちゃ」
まだ方言だと知らなかったとき、大人の男性が「〜っちゃ」というのを初めて聞いた時はびっくりしました...ラムちゃんの御世代ですか?とつっこまなくてよかった(笑)

あとは一番感じた事として、個人情報扱いがヒジョウに甘い!都市より犯罪が少ないからとはいえ(?)まー、甘いこと甘いこと。
「えー?いいの?」と思うことも多々あり。

所変われば.....ですね。

九響はまだ聴きに行っていません。
こちらへ来てまだ間もない頃、家でチャイ4聴いていたら落涙。理由はわかっています。それ以来、クラシックは軽く封印(チャイコフスキー、ホルスト、ヴェルディは特に)
もう少し時間がたってから聴きに行こうと思います。


2007年04月02日

ようこそ福岡へ

07-04-02_12-44.jpg福岡初日。気がついた事。

高い建物が少ない
エスカレーターが左
電車の乗客が少ない
明太子の看板が多い
人が適度にフレンドリー
博多弁?福岡弁がなんだか面白い
空が青い
歩くのが遅い
バスが多い
アクロス福岡(シンフォニーホール)が駅から近い

福岡へ

07-04-02_10-47.jpg行ってきます :)
posted by GOMA at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

第406回定期演奏会/大阪フィルハーモニー〜ザ・シンフォニーホール

昨夜、シンフォニーホール大阪フィルによる「第405回定期演奏会」がありました。

070329.jpg

エルガー/チェロ協奏曲
ホルスト/組曲「惑星」

指揮:秋山和慶
独奏:ジャン・ワン(Vc)
合唱:オペラハウス合唱団

まずチェロ協奏曲ですが、ジャン・ワンさんの演奏にうっとりです。チェロを知り尽くし魅力を全て出しているように思えました。
一つ一つの音の余韻も心地よく多様性に富み、聴いていて全く飽きることのない演奏でした。

0703291.jpg

アンコールは2曲。
お馴染みのバッハ・無伴奏チェロ組曲と中国民謡・二泉映月。
後曲の時、チェロの音がずいぶんアジア的に感じられたので何の曲かと思ったら中国の民謡だったのですね。
素直で真面目だけれども、かなりユーモアをお持ちのようなお人柄に惹かれました :)

そして「惑星」
途中何度かあら?と思う事があったものの、力強く深みのある惑星でした。3次元的な音だったような感じです。
ジュピターのあの部分で思わずうるっとしてしまいましたが(卒業式の仰げば尊しみたいな感じ?)でもとても前向きになれる...背中を押されるような気持ちになった一曲でした。

てっきりコンマスは長原さんか梅原さんだと思っていたので、違う方の登場でちょっとびっくり。ここのところ全然パソコンに触ってなかったので疎くなってますね。

大フィルの音楽には、ずいぶん励まされて楽しませてもらい勇気をもらいました。感謝です。大フィルをはじめ、センチュリー・関西フィル・シンフォニカーの今後の活躍を楽しみにしています。

そして九州交響楽団 ミュージック・アドヴァイザーであり首席指揮者でもある秋山さん、とても楽しみにしております。福岡でお会いしましょう :D

ホルスト:惑星ホルスト:惑星
ボールト(エードリアン) エルガー ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

東芝EMI 2002-10-25
売り上げランキング : 868
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by GOMA at 06:29| Comment(3) | TrackBack(1) | 演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

ぷちぷち

07-03-26_09-07.jpg基本的に引越しは業者任せなのですが、パソコン回りやガラス品などは個人で…という事で、先日「ぷちぷち」を置いていきました。
ついつぶしてしまい、ちっともはかどりません(笑)

お別れ遠足「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」

3月21日(水)祝日、友人達とユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ行ってきました。子供みたいですが、一応「お別れ遠足」(笑)

まだ春休みになってないのでそれほど混んではいないだろうと思ったら、とんでもなく混んでいました。でも年パス持っている友人に言わせると「これぐらい、たいしたことないよ」らしい。

新しくできたアトラクションを目当てに行ったのですが、待ちが「180分」...さすがに3時間待つのは辛い、という事でショーや散策を中心に。

その時「ハッピー・ハーモニー・セレブレーション」のアナウンスが入ったのでそちらに移動。



シュレックとフィオラ姫。姫が美人。



大好きなセサミストリート。当たり前ですがドロシーはいません :)





usjでキティちゃんを見るといつも違和感を感じるのですが(笑)

# スヌーピー撮り忘れました...

それにしても、ダンサーさん達の笑顔...仕事上とはわかっていてもいつも感心です。みんなを楽しませてあげたい、踊るのが好き、そこから出る笑顔でもあるんでしょうね。見る度にこれは学ぶべき点だなぁと思うのですが、現場に出てしまうとすっかり忘れてしまうのです...

このところ忙しくて荒んでいた心もすっかり癒されました :)

その後、シュレック4-Dアドベンチャーへ。
かなり前に見たので忘れていたのですが、シュレック、大阪弁なんですよね。そういえば映画(日本語吹き替え)もダウンタウンの浜田さんだったような気が。

次に ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロールショーに。
これはいつも素通りしていただけで観るのは初めてです。
ハリウッド仕込みというより...大阪のノリ?
曲も懐かしさを感じるものばかりで、構成作家さんの年代を想像するのことができます(笑)

最後はペパーミント パティのスタント・スライドです。
ウォーター・スライダーでぐるーっと降りてくるだけなのですが、必ず乗るアトラクションのうちの一つです。単純なアトラクションですが結構好きです :)



今までは(近いので)いつでも行ける...と思っていたのですが、これからはそう簡単には行けなくなるんだと思うと寂しいものがあります...

考えてみれば、一度は行ってみたい...と思いつつも、行けなかった場所がたくさんありました。
通天閣、鶴橋にも行ってみたかったし、足を伸ばして南紀白浜や宝塚歌劇場など...そういえば梅田の阪急にも行ったことがなかったです。(いつも阪神で済んでしまうのです)

いつでも行けるから...でなく、行ける時には多少無理してでも行っておく。後々後悔しないような行動力を持たないとダメですね。人に対しても同じ。いつでも会えるから...でなく、会える時には会っておく...。

生きているうえでいろんな人と出会うけれど、それは偶然でなく自分にとってとても有意義な事なのだと思います。その時は何も感じなくても、きっと、その人との出会いの意味がわかる時が来るような気がします。価値のない出会いなんてないです、たぶん。

...なんて思った一日でした :)
posted by GOMA at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

福岡へ

えっと。

4月から福岡市民になることが決定しました。
いろんな事がいい具合に重なり決定したのですが、「福岡」というのが少し...かなり...うーん(笑)

でも福岡を知ってる人に言わせると「住みやすい街」だそうなので、特に心配はしていません。特に大阪からの移動だとあまり違和感を感じない、らしいです。関東からだとかなり辛いらしいですけど。(文化の違いでしょうか)

去年のエントリを読み返してみると、やはりジュピターなのかと(笑)


...略

具体的には、結婚、起業、転職、転居など人生の大きなイベント。

...略


4月からの勤務を見てみると、去年の12月からの編成もわかるような気が。..ということは、あの時点で今こうなること、ジュピターの仕組んだことなのかもしれないです。恐るべし。

そんな訳で、4月3日から福岡市民になります。
福岡にいても、夜9時に空を見上げ月を探します。

第119回定期演奏会/大阪センチュリー交響楽団〜ザ・シンフォニーホール

昨夜、シンフォニーホール大阪センチュリー交響楽団による「第119回定期演奏会」がありました。



ヴェルディ/レクイエム
指 揮:小泉 和裕
独 唱:緑川まり (S)竹本節子 (Ms)福井敬(T)青戸知(B)
合 唱:センチュリー合唱団

去年の12月に大阪フィルが同じ曲を定期で演奏しています。
それで今回は軽く聴き比べ、のつもりで行ったのですが...

開演前のつかの間まわりを見回し、このホールで聴くのも今日と月末の大フィルで終わりなんだな...と思うと、胸がいっぱいになってしまって、ただただ落涙。

この時、本当に「寂しい」と思いました。

来ようと思えば来られる距離ではないし、福岡にも「九州交響楽団」というのもあるし、全くオケのない県に比べればまだいいとは思うのですが...
# 好きになれるかは、今のところまた別問題で(笑)

結局、聴き比べどころか、涙の演奏会になってしまいました。

隣の人がちょっと不審がっていたので、一生懸命見上げて反響板の数を数えていたり(26枚ありました)あの青い光を眺めていたんですけど...涙は止まらず。

最後の演奏会は大フィルの「惑星」
ジュピターですね、やはり。
posted by GOMA at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。